坂上忍、アメリカ人は「大した味覚持ってない」とバッサリ

2017年08月07日 12:00

8月7日(月)21時53分より放送されるバラエティ番組『好きか嫌いか言う時間』(TBS系列)では、世界の人々と日本のテレビ番組、安全対策について徹底討論する。

坂上忍と吉田敬(ブラックマヨネーズ)がMCを務める同番組は、現代の日本人がなかなか言うことのできない「YES」と「NO」をハッキリ言うことでスッキリできること間違いなしの討論バラエティ。芸能界屈指の歯に衣着せぬ“論客芸能人”たちが、今話しておくべき日本のイライラを「好き」か「嫌い」かという視点で話し合うほか、テーマに沿った一般人ゲストが登場し、熱いトークバトルを繰り広げる。今回のゲストは、小峠英二、谷まりあ、東国原英夫、ボビー・オロゴン。

「テレビ番組」ブロックでは、日本に住む外国人に、日本と自国のテレビ番組を比べて気になるところを調査。ニュージーランド人の男性は、日本のテレビについて「日本人はなんで野球ばかり(放送するのか)? クリケット、ラグビーがやっていない」とコメント。アメリカ人の男性も、「日本のスポーツ番組はつまらない。野球しかやらない」と同じ指摘をする。

またイギリス人女性は、日本の芸人がハゲを持ちネタにすることについて「イギリスではそういう笑いはない」と一言。そして、グルメ番組についてロシア人男性は「人が食べている姿を見て、何が楽しいのかわからない」と疑問を呈する。一方の坂上は「アメリカ人って大した味覚持ってないでしょ」とバッサリ斬り込むが……。

このほか、安全大国とされる日本の安全対策は、果たしてこのままで良いのか議論する。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook