剛力彩芽、まるでお人形のよう!金髪ゴスロリ姿がキュートすぎる

2017年03月15日 17:43

女優の剛力彩芽が、3月15日(水)24時25分より放送される連続ドラマ『レンタルの恋』(TBS系列)第9話でゴスロリファッションを披露する。

本作は、レンタル彼女運営会社「Rental Lovers」で人気No.1だった彼女・高杉レミを中心にしたオリジナル胸キュンストーリー。レミに恋する大学生・山田公介を太賀が、公介に思いを寄せる幼馴染・道端すみれを岸井ゆきのが、そして「Rental Lovers」のオーナー・鷹見鑑物を温水洋一が演じている。

スケバン、アラレちゃん、ナース、そしてカブトムシ風ファッションと毎話さまざまなコスプレでデートを繰り広げてきたレミ。今回は金髪にゴスロリファッションという人形さながらの出で立ちで、自身の過去を知る謎のキザ男・誠志郎(黒羽麻璃央)とデートをする。派手なスーツに薔薇の花を手に持つ誠志郎は、レミの幼馴染みを名乗るナルシストだ。第8話の終盤で、突然「Rental Lovers」に誠志郎が現われ「レミと2人で話がしたい」と鷹見に直談判したことから、2人は対面することになる。

第9話では、既に「Rental Lovers」を辞めていたレミに会いたがる誠志郎に対し、鷹見はレストランでのデートを提案。鷹見は公介に予約を任せたが、公介は間違えて4組分の予約をしてしまう。そこで、レミと誠志郎のほか、すみれと公介、友人3名、そして鷹見で席を埋めることにする。

レストランに入店後、レミたちの会話が気になる公介は、変装して2人の会話に聞き耳を立てる。「どうするつもりだ……式場ももう押さえてあるんだぞ……」「ご両親に恥をかかせる気か……」「気持ちの整理が付かないことは分かるが……もう決まったことだ……」といった会話が洩れ聞こえたことにより、公介は誠志郎がレミの婚約者かもしれないと思い……。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook