松井玲奈、SKE48卒業後初の歌手活動で連ドラ主題歌を担当

2016年02月22日 12:31

元SKE48の松井玲奈が、連続ドラマ初主演作『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』(MBS/TBS系ネット、TBSでは3月15日スタート・毎週火曜25:11~、MBSでは3月13日スタート・毎週日曜24:50~)で、主題歌も担当することがわかった。松井にとって、SKE48卒業後初の歌手活動となる。

本作の舞台は、神奈川県厚木市にあるコインランドリー。松井は、そこのアルバイト店員で、どこにでもいるような等身大の女性・南雲凪(なぎ/25歳)を演じる。ランドリーのオーナー兼店長には、滝藤賢一が決定。監督・脚本は、「荒川アンダーザブリッジ」「風俗行ったら人生変わったwww」「大人ドロップ」などを手がけ、独創的すぎる作風で評価される飯塚健。松井と滝藤をイメージしたアテ書きによるキャラクターと舞台設定で、オリジナリティ溢れた物語が展開される。

そして今回は、松井が、兼ねてから親交のあった姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」とのスペシャルコラボレーションを熱望していたことから、このドラマのためのユニット「松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン」が結成された。4月6日(水)にはCDリリースも決定している。

もも(唄/平成生まれの妹)と小春(アコーディオン/昭和生まれの姉)によるチャラン・ポ・ランタンは、2014年デビューして以来、自身の音楽活動だけではなく、NHKみんなのうた、CMソング、ドラマ・映画主題歌、演技・声優、私立恵比寿中学やチュートリアル、タッキー&翼などへの楽曲提供と、幅広く活躍している姉妹ユニット。他にない独自の世界観を持ち、中毒性の高い音楽と支持される。さらに、海外では“オルタナティブ・シャンソン”と称され、ファンタジーと狂気が仲良く手を繋いだ国籍・年代不詳な世界観に鮮やかな毒をぶちまけたサーカス・エンターテインメントと評価されている。チャラン・ポ・ランタンのコメントは以下の通り。

<チャラン・ポ・ランタン もも>
「“チャランポさんとなら歌う”と言ってくれた玲奈たん……私たちで、本当に良かったのでしょうか! 個人的には、初めてヴォーカルディレクションもやり、玲奈たんファンを代表して“こう歌って欲しい、こういう玲奈たんが見たい”という気持ちを全力で伝えました。今まで見たことのない、聴いたことのない“松井玲奈”がギュッと詰まっていますよ。ええ、艶っぽい玲奈たんが。。。」

<チャラン・ポ・ランタン 小春>
「SKE48卒業後初のリリースに相応しい曲が完成しました。めでたい門出に関われて嬉しい限りです。あれですよね、あの先生以外の歌詞を歌うのは私のが初めてということですよね……!!  わ、わあ。いやはや、とにかく良い曲が出来ましたよ……とても……私たちにとっても思い出深いシングルになりそうです。いや、もう発売前からなっているかも。発売が楽しみです」

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook