綾瀬はるか『わたしを離さないで』でポルノ雑誌を見ていた理由が判明

2016年02月12日 06:00

綾瀬はるか主演の連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系列、毎週金曜22:00)の第5話が、2月12日(金)に放送される。

本作は、英国のベストセラー作家カズオ・イシグロが2005年に発表、同国内で100万部を超える大ヒットとなった同名小説を、舞台をイギリスから日本に置き換えてドラマ化。臓器提供者という運命を背負った恭子(綾瀬)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)が、絆を求め、人を愛することで生きる希望を得ようとするヒューマンラブストーリーとなっている。

第4話で、恭子は新たな生活の場・コテージで孤立していたものの、先輩住人・立花(井上芳雄)が防波堤となってくれたことにより、穏やかな日々を過ごせるようになっていた。しかしある日、ポルノ雑誌を見ていたところを美和に目撃されてしまう。恭子は、その雑誌の中に自身のルーツがあるのではと考えていたのだ。

そして第5話では、立花が“提供者”の介護人になるため旅立ってしまい、恭子はまた一人になってしまう。一方、美和は、コテージの住人から自身の“ルーツ”かもしれない人を見たという話を聞く。それがどんな人物なのか見てみたくなった美和は、恭子、友彦らと共に会いに行くことを決意し……。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook