『マツコの知らない世界』で紹介された最新&最強のイヤホンまとめ

2016年01月27日 11:14

日常に潜む様々な“知らない世界”に精通したゲストが登場し、マツコ・デラックスにその魅力をプレゼンする番組『マツコの知らない世界』(TBS系列、毎週火曜21:00)。1月26日は“イヤホン王子”こと岡田卓也(27歳)さんが、最先端のおすすめイヤホンを紹介した。

■イヤホン業界は戦国時代
日本初のイヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」に勤める岡田さん。2年前、同番組が深夜に放送されていた時に出演した際には課長だったが、今では執行役員に。この2年間でイヤホン業界は激変したと語る岡田さんいわく「安くて良いモノものが買える時代」だとか。スマホが普及してユーザーが急増したため、各社が競うように新商品を開発しているのだ。そこで、今回は100種類のイヤホンを所有している岡田さんが、世界にある25000種類の中から厳選した8品を紹介。

■スマホとの相性がバツグン!
・MUIX IX1000(3480円・税込)
スマホにとって苦手な低域をうまく補うべくチューニングされている。マツコは、低域が聴き所である中森明菜の「DESIRE」で、普通のイヤホンと聴き比べ。「これは、すごい! 全然違う。2年半って怖いわね~」と、感心していた。

・JayBird X2 Bluetoothイヤホン(22200円・税抜)
この2年で、ワイヤレスへの対応が急速的に進歩。満員電車でもケーブルが絡まないタイプなので、通勤&運動用にぴったり。「リキペル」という最新のナノコーティングが施されているので、雨天や汗による故障を防いでくれる。耐久性が高い点が特徴的。一つひとつの音がはっきりしていて、ギターやドラムの音が聴きやすい。

・KOTORI DREAM BUDDY(25800円・税抜)
サッカー選手の本田圭佑が、デザインをはじめ完全プロデュース。ボリューム調整など、すべての操作機能をケーブルに内蔵していて、クッキリとした音が楽しめる。

・yurbuds INSPIRE400(5880円・税抜)
トライアスロン選手が考案した、どんなに激しい運動をしても絶対に外れないイヤホン。イヤーピースが耳から外れにくい構造をしている。ギターの音を上手く再現。運動用ということもあり、音がはっきり聴こえるように作られていて低域がしっかり出るため、気分を高めたい時に使うと効果的。

■オシャレかつ実用的なアイテム
・Bowers&Wilkins C5S2(23000円前後)
イギリスの高級スピーカーブランド「B&W」が開発。耳の形状に合わせる高クッション性ループがオシャレ。変に奇をてらうことなく、すべての音がしっかりと聴こえるため、試聴したマツコも「これが一番良い!」と絶賛していた。

・スカルキャンディー DIME(4536円・税込)
世界初の女性用イヤホン。男性と女性では音の聴こえ方が違うという点に着目し、長年にわたって研究。高域に敏感で、バックグラウンドノイズが苦手な女性の耳に合った商品を生み出した。クラブミュージックなどの電子音が柔らかく聴こえる点がポイント。抗菌されていて、化粧品がつきにくくなっているところも女性にはうれしい。

■「岡田コレクション」から選りすぐりの2点を紹介
・KOTORI 101(3900~5500円・税込)
手頃な値段で色やデザインがオーダーメイドできる。プレゼントに最適。

・JH AUDIO Layla Universal Fit(323540円~ ※オプションにより異なる)
音域が広いクラシックを高性能ドライバーで高品質再生。クラシック好きのマツコも「うわ~、すごい」と、再現性の高さにびっくり。「本当にコンサートで聴いているみたい」と興奮気味。岡田さんから「買いますか?」と聞かれて、思わず「買います……」と答えていた。


この日は他に、毎日鍋料理を食べても飽きないという主婦で料理研究家の安井レイコ(52歳)さんが、今話題の「鍋の素の世界」の奥深さについて語った。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook