世界陸上:ロシアの妖精・クリシナが「美人すぎる」と話題に 走り幅跳び決勝に登場

2015年08月29日 00:43

28日『世界陸上北京』大会7日目。女子の走幅跳び決勝が行われ、「ロシアで最もセクシーなアスリート」「妖精」とも称されるダリヤ・クリシナが登場した。

11年テグ世界陸上で7位の成績を収め、日本でも広くその名が知られるようになったクリシナは、現在24歳。世界レベルのジャンパーであることに加えて、180cmの長身を生かしてモデルとしても活躍している。

『世界陸上北京』はTBS系列で放送中。この日はクリシナが出場するということで、Twitter上では競技が始まる前から「とりあえず今日はクリシナ応援」「見たい!」といった声が相次いだ。いよいよ登場すると、「世陸1番の美女クリシナ登場」「スタイルいいな~」「美人だよな~さすがモデル兼ジャンパー!」「画面映る度に美人すぎてビビってる」「クリシナはロード・オブ・ザ・リングで見た気がする」「クリシナ可愛いやばいやばいやばい」「妖精跳んだぁぁぁ」「美人すぎてヤバイ!砂になりたい」などのつぶやきが溢れ、おおいに盛り上がっていた。

決勝戦の結果は、バーレッタ(アメリカ)が7m14を跳んで金メダル。自己ベスト7m05のクリシナは残念ながら本来の力を発揮できず、6m65で10位に終わった。

【関連リンク】

【関連ワード】

この記事を共有する

Twitter Facebook