ディーン・フジオカ、グルメ芸人の料理にダメ出し連発でスタジオ騒然

2017年10月11日 10:50

俳優で歌手のディーン・フジオカが10月10日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~※一部地域をのぞく)に出演。グルメ芸人の料理に本音をぶつけたほか、女芸人の悩みに真摯に対応する一幕があった。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出。MCのヒロミとフットボールアワーの後藤輝基らと共にトークを繰り広げる。

後藤はクールな印象を持つディーンに対して「カラオケ行って“イェーイ!”とか、はしゃぐことはあるんですか?」と質問。ディーンは「あります。カラオケ行ったら一番歌いますね。曲も3連続で入れる」と意外な一面を明かした。最初に入れる曲はビースティ・ボーイズだと言い「“パーティー始まるぞ”って(盛り上げる)。で、次は松田聖子さんの“SWEET MEMORIES”とか」と話したのだが、後藤は「2曲目で急にムーディー!」とツッコミ。スタジオは爆笑に包まれた。

ドラマや映画の撮影中、共演者に積極的に話しかけるというディーン。理由として「コミュニケーションしやすい空気の方が、物事もスムーズに進むと思うんです。撮影は長いので、ベストな状態を作って前に進めないとクオリティーが下がる」と理由を明かした。ここで、話を聞くのも好きだと言うディーンが女芸人の悩みを聞くことに。おかずクラブゆいPの「恋人と別れて恋に臆病になっている」という悩みには「深く悩まずに次の恋へ前向きに」と的確なアドバイスを送った。近くで話を聞いていたゆいPは納得しつつも「キレイな顔してますね」と悩みそっちのけでディーンの容姿にほれぼれしていた。

この他にも、食へのこだわりが強い彼のためにグルメ芸人(藤井21、3時のヒロイン、ペンギンズ)がフルコース料理を振る舞うシーンもあった。自信満々の芸人陣であったが、ディーンは「しょっぱいですね」、「改善点が言える」、「噛むの大変」など辛辣な意見を述べる。しかし、中でも一番厳しい意見をぶつけた藤井21の料理に「アイデアとしてはすごいと思った」と3組の中で一番の高評価を与えた。後藤は「なんやこのツンデレ!」と驚き、藤井21も「超嬉しい」と胸をなでおろしていた。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook