西島秀俊、綾瀬はるかと夫婦役「期待で胸が高鳴りました」

2017年09月05日 04:00

俳優の西島秀俊が、日本テレビ系の10月クールの水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(10月4日スタート、毎週水曜22:00~、初回10分拡大)に出演決定。主人公・伊佐山菜美(綾瀬はるか)の夫で、友人と共同でIT企業を経営しているセレブ・伊佐山勇輝を演じることがわかった。

金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・菜美は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた。しかし、暮らし始めて1年と経たないうちに、幸せに見える主婦たちが抱える様々なトラブルに気づいてしまう。実は、菜美は料理も掃除も家事一般はド下手だが、正義感が強く、怒らせたら超キケンだった。なぜ、菜美はスリルを求めてしまうのか? そのワケは夫にも秘密にしている過去にあった……。天涯孤独に生まれ育ち、愛情も知らずタフに生きてきた菜美。そんな彼女が、主婦たちとの友情や、そばに寄り添う旦那の存在によって、本当の優しさと温かさを知っていく。大切な家族や友だち。守るべきものができた時、女は誰よりも強くなる!?  一生懸命に生きるすべての女性へ愛と勇気のエールをおくる、笑いありアクションありのエンタメドラマだ。

今回の出演を受け、西島は「金城さんが綾瀬さんを主演に迎え、女性たちの物語を描くと聞いた時、いったいどんな作品が生まれるのだろうかと期待で胸が高鳴りました。素晴らしい才能と才能が出会う、その現場に立ち会えることをとても嬉しく思います」と期待と喜びを明かし、「綾瀬さんとは久しぶりの共演で、初めての夫婦役です」とコメント。「奮闘する女性たちの間にどんなドラマが紡がれていくのか楽しみです。ぜひご期待ください」とメッセージを送った。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook