元日テレアナ宮﨑宣子のインスタが「ダサい」有吉が一刀両断

2017年09月03日 19:30

元日本テレビアナウンサーの宮﨑宣子が、9月2日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。「キラキラした芸能人に憧れ、必死にオシャレを装っているのに、あと一歩オシャレになりきれないこと」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、指原莉乃、大久保佳代子。

宮﨑は、2002年に日本テレビに入社し、『ラジかるッ』などの人気番組を担当。2011年に一般男性と結婚したのを機に退社。2014年に離婚し、現在はフリーアナウンサーとして活躍している。芸能人らしく、インスタグラムに自身の日常の写真をアップしているが、そのどれもが、イマイチ惜しいことになっているという。

アクセサリーを身につけた写真では謎の毛が写り込み、鏡に映った自撮り写真では鏡が傷だらけ。さらに、ワイングラスでお茶を飲む写真に、ペディキュアを塗った足の指がタコだらけの写真、犬と戯れつつも腕に湿布が貼ってある写真など、残念なものばかり。「インスタは自分をカッコよく見せるためのツール」と熱弁する宮﨑は、何枚か写真を撮ってその中で一番良いものをインスタに上げているというが、公開されているものは全てどこかが抜けていて「惜しい」ことになっていた。

18歳のときに宮崎県から上京し、常に都会的な女性に強い憧れを抱いていた宮﨑。その象徴が、インスタなどで都会的な生活を公開することだったと説明した。そんな宮﨑の惜しい写真を見た有吉は、「まず何より宣子がダサい」と一刀両断。さらに大久保からも、「若い頃の隙や油断とかは可愛げですけど、もう34歳になると、隙とか油断が汚い老人に向かっていく。汚いおばちゃんになる」と辛辣なコメントが飛び出した。

そんな中、有吉は、宮﨑の3年前の離婚に触れ、「また新たな恋に向けて……。どんな男性がタイプなんですか?」と質問。宮﨑は、「アレクみたいなワイルドな顔は好きですけど、チャラチャラしてないほうがいい」と語り、すかさず有吉が「顔がイイってことは……」と振ると、名指しされたアレクサンダーは「やれるね」とニヤリ。続けて「無理している感じがする。私、全然遊ばない、みたいな」とコメント。そこで、有吉が再び「これが一番……」と振ると、アレクサンダーは「溜まっている」とすかさず返し、その連携プレーで爆笑を誘った。

そんな宮﨑の禊は「インパクト大の写真を撮るため、有吉反省会が誇る詐欺自撮り軍団に弟子入り」に決定。この模様は近日オンエアされる予定。

今回は他にも、アクション俳優の松田優が登場。「トレーニングが好きすぎるあまり、いつでもどこでも筋トレをして周囲に迷惑をかけていること」を反省した。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook