天使のように可愛らしい高畑充希は必見『過保護のカホコ』がスタート

2017年07月12日 07:00

高畑充希が主演を務める7月クールの水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)が、12日に初回10分拡大でスタートする。

本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・麦野初(竹内涼真)と出会って成長していくホームドラマ。脚本は、『家政婦のミタ』をはじめ、数々の話題作を生んできた遊川和彦が手がける。

親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコ。カホコの父・正高(時任三郎)は、娘の身の回り全ての世話を焼くことにしか関心のない妻・泉(黒木瞳)と娘の依存関係を危惧しながらも、自分も娘可愛さに子離れできないでいた。

ある時、同じ大学に通う画家志望の初に過保護な家庭環境を否定されたカホコは、初めて人から向けられた批判に驚き、固まってしまう。そして、4年生のほとんどの進路が決まる中、就職試験に落ち続け、父のコネで受けた会社も不採用になってしまったカホコは、母に勧められるがまま就活を辞め、花嫁修業をすることに。それでも、初から問われた「何のために働くのか?」という質問の答えを知りたいカホコは、初に働く目的を尋ねる。人知れず自分の絵の才能と将来に不安を感じていた初は答えをはぐらかし、労働経験ゼロのカホコに自分のアルバイトを押し付けるが……。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook