内田理央の身体中にキスマーク「小悪魔的な可愛らしさ」

2017年03月23日 17:00

読売テレビ・日本テレビ系で4月6日にスタートするドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59~)のポスタービジュアルが解禁され、桜井理佳子役の内田理央の過激なメインビジュアルも公開された。

同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨臨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2ヶ月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・佳介(田中)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチのウラには実は乗り越えられない過去が……。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。

内田が演じる理佳子は、人の男を取りたくなってしまう小悪魔的な女。公開されたメインビジュアルには身体中にキスマークがついているなど、「小悪魔的な可愛らしさ」と「“悪い女”のイメージ」が意識されており、女の敵ではあるけれども男が抗えない魅力が表現されている。また、汐口武志プロデューサーは「内田理央さんの持つ自然な“目ヂカラ”がポイントです」と語っている。

一方、番組のポスタービジュアルでは、「全員恋がヘタ」ということを表現する為に付けられた“バラバラのキスマーク”は、それぞれのキャストが実際に取ったもので、どこかに使用されている。色々な職業の人が、色々な立場で生きているけれども、そのような背景を全て脱ぎ去ったら「全員恋ヘタ」ということを表現している。こちらについて、汐口プロデューサーは「表情とキスマークのギャップや、それぞれに付けられたキスマークの位置や量にも注目してもらえればと思います」と魅力を解説している。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook