小池刑事と苅野刑事の暴走再び!『鬼の取調室』は「刺激的な現場」

2017年03月17日 06:00

堤真一が主演を務める連続ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)のオリジナルストーリー『小池刑事の鬼の取調室』(全3話)が、3月18日放送の『左江内氏』最終回直後より、動画配信サービス「Hulu」にて配信スタート。クランクアップを迎えたムロツヨシ、中村倫也がコメントを寄せた。

原作は、藤子・F・不二雄による大人ヒーロー物語「中年スーパーマン左江内氏」。福田雄一監督が手がけるドラマでは、平凡な妻子あるサラリーマンで中間管理職の主人公・左江内が、謎の老人(笹野高史)からスーパースーツをむりやり譲り受けたことによって、しぶしぶ世界の平和を守ることに。地球平和と家庭平和の間で、毎話奮闘する左江内の活躍が話題を集めている。

オリジナルストーリーで描かれる『鬼の取調室』では、いつも左江内の手柄を横取りしていた小池郁男刑事(ムロ)が遂に本領発揮!? バディの刈野刑事(中村)と共に、自らの手で華麗なる推理で目の前の事件を解決していく。さらに、堤、小泉、島崎をはじめ、米倉役の佐藤二朗や笹野高史も出演する。地上波でもおなじみのキャラクターたちが、小池刑事とどんな新たなストーリーを生み出すのか。また、スーパーサラリーマンの秘密も明かされる。

撮影前には「Hulu芝居をみせたい」と意気込んでいたムロ。オールアップの声が掛かると大きな達成感に包まれたようで、監督から花束を受けとり笑顔をみせる。一方、小池刑事と暴走を続けた刈野刑事役の中村は「刺激的な現場でした。最後の最後のシーンが一番怖かったです」と謎のコメントを。一体、どんなラストを迎えているのか!?

そして、ゴールデン帯での連続ドラマの放送中に、撮影をしながら脚本、監督、編集のすべてを進めた福田監督には、出演者が「すごい!」と絶賛の声を送る。しかし、ムロが「本当に素晴らしい! その分、スタッフに感謝した方が良いよ(笑)」とツッコミを入れると監督も思わず笑みを浮かべる。「本当にスタッフに感謝!」と感無量な面持ちで振り返る中、ムロは「スペシャルも出来るドラマでしょう!?」と次回作への期待を語った。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook