『おまグン』追加キャストが発表!群馬出身バンドやゆるキャラも登場

2017年02月28日 05:00

間宮祥太朗が主演を務め、3月6日(月)より4週連続で放送される『お前はまだグンマを知らない』(日本テレビ、毎週月曜24:59~、関東ローカル)の豪華共演陣が発表。吉村界人、馬場ふみか、ほんこん、椿鬼奴、山本博(ロバート)らの出演が明らかになった。

原作は、「未開の地グンマー」「日本最後の秘境」「古代グンマー帝国」など、独特のいじられ方でネット民を中心に他県には無い個性を確立している群馬県を舞台にした同名コミックス(原作:井田ヒロト/ 新潮社)。2014年の発売以来、“県民あるあるネタ”と強すぎる地元愛が反響を呼び、累計発行部数50万部を突破する人気作だ。

元幼馴染のクラスメイト・轟一矢を演じる吉村は「轟に最初に感じたのは、“独りよがり”なので、現場中、クラスメイトの方がたくさんいる中でも1人でいようとしました。自ら、避けるように時間を過ごしました」と役の印象や役作りを明かし、「(間宮演じる主人公の)神月の赤裸々なモノローグや、クラスメイト、一人一人のキャラクターが色濃く出ている教室のシーンは本当に面白いです。群馬への敬意を保ちながらの憎まれ口をお許しください。ぜひ楽しんでください」と視聴者にメッセージを送った。

神月が恋に落ちるヒロイン・篠岡京を演じる馬場は「京はすごく面白いキャラクターだと思うので、役に決まった時は嬉しかったです!」と振り返り、「群馬でのロケは原作や脚本と同じく、ずっと強風が吹いて寒かったのが印象的でした。普段の“ツン”の京と、神月くんの妄想の中での“デレ”の京のギャップをぜひ楽しんでいただければと思います!」とアピールした。

このほか、神月の転校先のクラス委員・木村を入江甚儀が、3回留年している20歳の色黒でヒゲ面の先輩・野汁先輩を加治将樹が演じることや、群馬県草津温泉観光大使のゆるキャラ「ゆもみちゃん」が登場すること、群馬県出身のカリスマバンド「G-FREAK FACTORY」が主題歌を務めることなどが発表された。

第1話は、高校2年生の神月紀(間宮祥太朗)が、チバ県からグンマ県へ引っ越してくるところからスタート。転校初日、グンマ特有のからっ風を受け、自転車で前に進むことが出来ない神月を軽々と抜かしていく、美しすぎるグンマ女子・篠岡京(馬場ふみか)。その横顔に恋をした瞬間、スカートが風にあおられ……。そんな幸せ絶頂の神月を待ち受けていたのは、独自性の強いグンマの文化、異常なほどグンマ愛が強いクラスメイトたちだった。一目惚れした京からは「グンマー以外は男じゃないから!」と突き放され、轟(吉村界人)からは「グンマに来て生きて帰った者はいない」と忠告を受け、戸惑いを隠せない神月。さらにそんな中、グンマ制圧を狙う北関東のイバラキ人からの宣戦布告を受けることに……。果たして、神月はグンマで生き抜くことが出来るのか!?

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook