街中に“リアル左江内氏”が出現!天才子役・横山歩もお手伝い

2017年01月11日 17:30

天才子役の横山歩が、1月14日スタートの新ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~、初回10分拡大)のキャンペーンの一環で、11日、“リアル左江内氏”を引き連れてPRイベントを行った。

原作は、藤子・F・不二雄による大人ヒーロー物語「中年スーパーマン左江内氏」。ドラマでは、平凡な妻子あるサラリーマンで中間管理職の主人公・左江内(堤真一)が、謎の男からスーパースーツをむりやり譲り受けたことによって、しぶしぶ世界の平和を守ることになる姿が描かれる。鬼嫁・円子(小泉今日子)と、娘・はね子(島崎遥香)に翻弄されながらも、世界平和のために奔走する左江内の姿は必見だ。

今回のキャンペーンは、「スーパースーツを着て通勤したり、街で活動することもあるサラリーマンの左江内氏が現実の世界に飛び出してきたら、周囲はどんな反応を見せるのか!?」というコンセプトで行われた。今週いっぱい(1月9日~15日)行われるこのイベントだが、9日は渋谷や東急線沿線などに、スーパースーツ姿の3人組“リアル左江内氏”が出没。渋谷のスクランブル交差点を歩いたり、飲み物を買ったり、電車に乗ったりと、道行く人は不思議そうに振り返る。特に子どもたちからは大人気で、あっという間に取り囲まれていたリアル左江内氏だった。

また、11日の午後には、ドラマで左江内の息子・もや夫を演じている横山が、リアル左江内氏を引き連れて、ヤフー・ジャパンとオリコン編集部を表敬訪問。しっかりと番組をPRした。イベントを終え、横山は「今日、3人のスーパーサラリーマンの人たちと宣伝のお手伝いをしました。3人とも髪型とかメガネとか、格好がおもしろくて、3つ子みたいでした。でも、お父さんには似ていなかったかな……。1人は声が似ていました。会った人たちが“見るね!”“応援してるよ!”とか言ってくれたので、緊張したけどとても嬉しかったです!」と感想を語った。

このほか、11日夕方より、Yahoo!検索で“スーパーサラリーマン左江内氏”と検索すると、限定特別動画が見られるキャンペーンも実施。第1回は、左江内役の堤、鬼嫁役の小泉、福田雄一監督による特別座談会で、普段なかなか見ることができない3ショットでトークを展開。番組の裏話などが楽しめる映像となっている。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook