18歳から銀座ホステス!貫禄がスゴい新成人が『マツコ会議』に登場

2017年01月08日 18:30

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。1月7日の放送では、新成人たちに人気のフォトスタジオを探った。

原宿の明治通り沿いにある「aim」は、成人式の前撮りランキングで1位に選ばれた人気のフォトスタジオ。振り袖やドレスなどを借りることもでき、この時期になると多くの新成人たちが前撮りに訪れるという。マツコは、「成人式より、こっち(前撮り)のほうがメインよね。後々のことを考えたら」と、その人気に納得。しかし、自分自身は成人式にも出ず、前撮りもしなかったという。

さっそく前撮りのアルバムを受け取りに来たという新成人の女性に話を聞こうとするが、マツコはその後ろに座る強面の男性が気になる様子。「親子じゃないでしょ……そんなに歳離れてないよ」と戸惑うマツコに、男性が「どんな関係にみえますか?」と問いかける。マツコが「歳の離れたカップルか、ちょっといかがわしい関係かと思ったのよ」と答えると、新成人の女性は爆笑しながら、「父です」とひと言。「お父さん!? お父さん若いね!」と驚くマツコだった。

アルバムは、昔の写真館で撮るような写真ではなく、まるでタレントの写真集のようなクオリティ。撮影では、小道具としてバルーン40個を持ち込んだという。費用は全て父親持ちで、バルーンだけで7~8万円、撮影費全て込みで45万円。「着物買えたじゃないのよ!」と指摘するマツコに対し、娘は「着物も買ってもらいました。別で」と告白。「すっごい大好きね、娘。こりゃ嫁に行くとき大変だな。どうすんのよ、嫁に行くなんて言い出したら?」というマツコの質問に、父親は「まだ阻止する」と答え、爆笑を誘っていた。

続いて登場したのは、パソコンで自分の写真をチェックしていた女性。大人びた雰囲気を漂わせており、マツコとのトークで、18歳の頃から銀座でホステスをしていることが判明する。「普通の同年代の子たちよりは派手な格好できているわけじゃない? 成人式に対する思いはそんなに強くない?」とマツコが尋ねると、「そうですね、お着物も着させていただいているので」と彼女。スマホで、彼女のホステス時の着物姿を見せてもらったマツコは、そのあまりの大人っぽさに、「いやっは! ちょっとカメラさんもっと寄って! すごーい! すごい貫禄ね!」と大興奮し、「人間ってこんなに育つ環境で変わるのね!」と感心していた。

終始、20歳とは思えない言動を繰り返す彼女。今回、成人式の前撮りをするために初めて原宿に訪れたという。マツコが「普段買い物は銀座でしかしないの?」と聞くと、「銀座か、行っても日本橋」との答えが。マツコは爆笑しながら、「こんな20歳がまだ日本にいてくれたなんて。あなた、将来、絶対銀座で店持つと思う」と予想していた。

他にも原宿っぽいポップな衣装で撮影していた女性や、番組女性スタッフたちの成人式の時の写真などで盛り上がった今回。番組の中で特に気になったものに迫る「さらに掘り下げたVTR」では、「成人式関係なしに、ものすごい撮影を一回しよっか」というマツコの提案により、銀座のホステス・萌香さんを古風な感じで撮影することに。番組HPでは、彼女の撮影の様子や、気になるプライベートなどが公開されている。

次回の放送は、これまで番組に登場した強烈キャラに密着。マツコを圧倒した人々の日常を探っていく。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook