前川泰之、トップモデルの栄光を捨てる決断をした理由とは

2016年12月23日 07:00

元モデルで俳優の前川泰之が、12月23日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。モデル時代の思い出が詰まったミラノを訪れる。

1993年より11年間にわたりファッション雑誌等でモデルを務め、ニューヨーク、パリ、東京、ミラノのファッションショーでも活動してきた前川。しかし、2005年にモデルを辞めて俳優に転身することを宣言し、最近では『半沢直樹』や『真田丸』といった話題作にも出演している。

今回は、そんな前川がモデル時代の汗と涙が詰まったミラノへ。当時の定宿や行きつけの絶品ピザを紹介する。コレクション毎に2週間の滞在を6年も続けながら、言葉もわからずオーディションを駆け回る日々。そして掴んだミラノコレクションのランウェイ。なぜ彼はトップモデルとしての栄光を捨て、俳優の道を選んだのか? その決断の理由が明らかになる。

さらに俳優として不遇の時代を支えたものを明かし、13年ぶりに歩く思い出の街角では、恩人であるアルマーニと奇跡の再会を果たす。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook