中年スーパーマン・堤真一、鬼嫁・小泉今日子と夫婦に!日テレ1月ドラマで共演

2016年10月25日 06:00

日本テレビ系の1月クールの土曜ドラマが、『スーパーサラリーマン左江内氏』(毎週土曜21:00~)に決定。堤真一と小泉今日子が夫婦役で共演、福田雄一が脚本・演出を担当することがわかった。

原作は、藤子・F・不二雄による大人ヒーロー物語「中年スーパーマン左江内氏」。平凡な妻子あるサラリーマンで中間管理職の主人公・左江内さん(52歳)は、ある日、怪しい老人から、スーパーマンになれるスーパースーツをむりやり譲り受け、平和を守らねばならなくなる。よりによって、小心者でお人好し、なにより“責任”という言葉が一番苦手な左江内さん……。最初は必死に断る左江内さんだったが、鬼嫁・円子(50歳)に娘のお弁当を昼休みまで学校に届けるよう命じられ、やむをえずスーパーマンを引き受けてしまう。鬼嫁はうだつのあがらない旦那に手厳しいし、思春期の娘は多感な時期で扱いが難しく、父親にとってその思考回路は未知の領域。末っ子の息子にも……なんか最近舐められてる! うちの中でさえ平和を保てないのに、世界平和なんて構ってられるかぁ!! なんて思うけれど、律儀な左江内さんは、スーパースーツが危険を察知する度、しぶしぶ飛び立つ。

一見“ふつう”なのに“異常”な街の人々。平常心を保てず、カリカリし、道端には一触即発の争いごとがたくさん転がっている。たとえ左江内さんが華麗に事件を解決しても、スーパースーツを脱ぐと、左江内さんがスーパースーツを着ている間の出来事は、接した人の記憶から全て消えてしまう。「スーパーマンとしてどんなに頑張ったって、世界から争いが消えることはない」「……家族にそれで見直されることもない」。毎回、そんな理不尽な思いを抱き、背中に哀愁を漂わせつつも、事件を解決するたび、自分と家族との間に起きた問題と重ね合わせる左江内さん。そうやって家族と向き合い、知らなかった家族の心を知り、ほんのちょっとだけ、家族の笑顔を見られると嬉しくなって……。そんな些細な家族との幸せのために、左江内さんは、明日もまたほんの少し頑張ってみようと思い直すのだ。だけど……だけど……やっぱりスーパーマンは荷が重すぎますからっ!

主人公・左江内を演じる堤は、日本テレビの連続ドラマに初出演。顔合わせを振り返り、「先日、スーパースーツを試着しました。実際に着てみて、“何て格好させるねん”と(笑)」と冗談めかしつつも、「でも、それほど嫌じゃないかもしれません」と前向きに語った。そして、「共演の小泉今日子さん、そして、福田雄一監督とのコラボでどんな作品になるのか、2017年1月の土曜ドラマを楽しみにしていてください」とアピール。

一方、鬼嫁・円子を演じる小泉は「どうやら鬼嫁だそうです。個人的には、完全なるミスキャストだと思っています(笑)」とコメントし、「福田雄一さんの作品を楽しく拝見させて頂いていたので、今回のオファーはとても嬉しかったです」と喜びを明かす。そして、「堤真一さんとは久しぶりの共演です。しかも夫婦役ということで、息を合わせ、力を合わせ、面白い作品に出来たらと思います」と意気込んだ。

この記事を共有する

Twitter Facebook