鈴木福&藤田ニコルにニュースを“ドラマ”で解説 大野拓朗ら豪華キャストが出演

2016年02月06日 17:00

バナナマン・設楽統と、桝太一アナウンサーがMCを務める『ドラマちっくニュース』(日本テレビ系)が、2月7日(日)13時15分から放送される。

事前の知識が全く無くても「とにかくニュースに興味が持てるようになる」をコンセプトに、見ているうちに自然とそのトピックスに興味が湧き、もっと知りたくなるような「置き換え」ドラマを届ける同番組。生徒として、小学生代表の鈴木福、高校生代表の藤田ニコル、大人代表のピース・綾部祐二が登場する。

今回のテーマは、「1月から運用開始した“マイナンバー制度”一体、何が便利なの?」「冬、この時期に猛威を振るう“ノロウイルス”一体、何がそんなに恐ろしいの?」「昨年大きな問題となった“集団的自衛権”って……一体、何?」の3つ。生徒たちにわかりやすく解説するための置き換えドラマには、超ベテラン大物俳優や人気若手イケメン俳優、人気芸人たちが多数出演。再現ドラマの枠を超えた、見ごたえ満載の内容となっている。各ドラマのストーリーや出演者は以下。

<ドラマを見るだけで分かる“マイナンバー制度”>
出演者:西岡德馬、ゆうたろう 他
あの「ニックネームがやたら出てくる刑事ドラマ」で解説。「番号」だとどうもわかりにくいけれど誰にでも身近な「アダ名」に置き換えたら。「国」を「警察署」に置き換えたら……簡単に理解できる!

<ドラマを見るだけで分かる“ノロウイルス”>
出演:安田大サーカス・団長、広音 他
あの「何かと倍返しする銀行ドラマ」で解説。「人間の体」を「銀行」に「ノロウイルス」を「悪徳銀行員」に、そしてウイルスと戦う「免疫機能」を「正義の銀行マン」に置き換えたら……簡単に理解できる!

<ドラマを見るだけで分かる“集団的自衛権”>
出演:大野拓朗、なかやまきんに君 他
あの「やたらとケンカシーンがかっこいい不良学園ドラマ」で解説。「国どうしのいざこざ」だと良く分からないけれど、「不良高校どうしのケンカ」に置き換えたら……簡単に理解できる!

【関連記事】

この記事を共有する

Twitter Facebook