初代ミニスカポリスの福山理子『有吉反省会』で占いを披露

2016年02月06日 06:00

元ミニスカポリスの福山理子が、2月6日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。

同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。

福山は、『出動!ミニスカポリス』(テレビ東京)で初代ミニスカポリスとして活動。「タイホしちゃうぞ」というお馴染みのセリフで人気を集めた。このほかにも、プロ雀士、心理相談員、占い師、キャットファイター、モーターサイクルトラベラー、温泉ソムリエなど、様々な肩書や資格を所持しており、幅広く活躍している。今回は、数ある肩書の中で最も自信があるという占いを披露。そして、福山は何を反省するのか。

もう1人の反省人は、演歌歌手の大江裕。「いつでもどこでもどんなときでも小指がピンと立っていること」を反省。いざVTRで確認してみると、歌番組の歌唱中はもちろん、師匠・北島三郎の前でも、プロモーションビデオでも、ところかまわず小指が立っていることが発覚する。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook