HKT48指原莉乃&NGT48北原里英、冠バラエティ『さしきた合戦』決定に喜び

2016年01月06日 08:00

人気アイドルグループHKT48とNGT48が真っ向勝負を繰り広げるバラエティ『HKT48 vs NGT48 さしきた合戦』(日本テレビ)が、1月11日(月)25時29分からスタート。この度、MCを務めるHKT48の指原莉乃、NGT48キャプテンの北原里英をはじめとしたメンバーが収録後に取材に応じ、手応えや感想などを語った。

結成から4年が経ち、人気・実力ともに急上昇中のHKT48と、2015年に誕生したばかりのNGT48。同番組は、48グループの中でも、もっともフレッシュな2つのグループが、「体力勝負」「アイドル力アピール」「ドッキリ企画」といった、様々なオリジナル競技で対決していくバラエティ。また、指原と北原は同期であり、かつては一緒に住んでいたこともある大親友。お互いの手の内を知り尽くす二人を中心に、熱い戦いが繰り広げられる。

初回収録を終えた指原は「バチバチだったかな。思った以上に、みんな勝ちたい気持ちがグイグイ出ていて面白かったです」と振り返る。一方の北原は「NGT48にとっては初めての冠番組で、しかも関東で放送されるので、嬉しい気持ちと、たくさん学べたらいいなという気持ちがあります」と喜びを明かし、「HKT48さんの胸を借りて、学ばせていただく姿勢でいきたいと思います」とコメント。すると、指原から「あらあら、気弱じゃない(笑)」とツッコまれる場面も。

また、「グループの負けていないポイント」を聞かれた指原は「今までは若さですって言えたんですけど、それも通用しなくなった。魅力って何ですか?」と後輩に無茶振り。すかさず、矢吹奈子が「身長の低さ」と答えるが、指原は「本当にそれでいいのね?」と確認。さらに、「今日は可愛い子が多い中で3軍が来ちゃったんですよ。グループのウリは?」と、田中菜津美に質問。田中は「ガヤでは負けないぞ。一番外からの声は負けないです」とアピールした。

対するNGT48の加藤美南は「小学校の頃からアクロバティックを習っていて、NGTの中でもアクロバットができる人がいます。なので、破壊力バツグンのダンスができると思います」と力強く語った。すると、北原は「キャプテンはちょっとダンスには自信がないんですけどね(笑)」と語り、笑いを誘っていた。

続いて、北原が「NGTのメンバーはまだ反抗期が来ていないので、なんとか上手くまとめていけると思います。でも、みんなで伸び伸びできるといいなって気持ちはありますね」とグループの雰囲気とともに、チームづくりへの意気込みを明かした。そして、指原が「以前に放送があったHKT48の番組が好評だったので、その時のように一人ひとりの個性がわかる番組にしていけたらなと思います」と、番組MCへの意気込みを語っていた。

同番組は地上波のオンエアは関東ローカルだが、放送終了後より、Hulu、日テレオンデマンドにてインターネット配信が行われる。さらに、Huluでは、「アイドルが知らないうまいメシ(仮)」の地上波未放送部分を含む完全版が限定配信される予定。

【関連記事】

この記事を共有する

Twitter Facebook