木村佳乃&北村一輝、子役の横山歩を絶賛 実話ドラマ『ぼくのいのち』放送決定

2015年12月25日 06:00

2016年の春に、読売テレビ・日本テレビ系で実話をもとにしたスペシャルドラマ『ぼくのいのち』の放送が決定。主演を務める木村佳乃、共演の北村一輝、横山歩が、撮影中のエピソードやドラマの見どころを語った。

本作は、しっかり者で朗らかな母親の川田三千代(木村)が、夫・大介(北村)と息子3人の男所帯を切り盛りする川田家が舞台。明るくてお茶目な父親の大介は長男のような存在で、子どもたちは大介の影響で人を笑わせることが大好きだった。川田家は笑いの絶えない明るい家族だったが、幸せな日々は突然、崩れ始める。明るくて元気な4歳の次男・祐平(横山)が病気に侵されていることがわかった。発症したのは100万人に1人とも言われる稀なガンの一種である肝芽腫だった……。

取材中は木村と北村の間に横山が座り、本当の家族のような空気を醸し出していた3人。木村は「実話ですし、実在のご家族の大切な物語なので、心を込めて演じています。実際の男の子は4歳の時に発病していて、ウチの長女がちょうど4歳なもので、家に帰ってから想像しちゃって……。何とも言えない気持ちと戦いながら日々過ごしている最中です」と撮影を振り返る。また、夫役の北村については「何回もご一緒させて頂いていて、旦那さまとしても、先輩の俳優としてもとても頼りにしていて、彼に支えて頂いております」と、信頼の厚さを語った。一方の北村は「(この家族の)ドキュメンタリーを拝見させて頂いて、撮影前に佳乃ちゃんと、なるべくリアルに伝えたいという話をしました。子どもがそんな状態になった時、親はどれだけ必死になるかを、ドラマ上の演技ではなく、温度、空気感をできるかぎり真実に近づけたいと……。見え方云々より、気持ちが本物じゃないとダメだろうという話はしました」と、気持ちに重点を置いていることを明かした。

物語のキーパーソンとなる祐平役を演じた横山について、木村は「ちゃんと感情を説明すると、ちゃんとできるんです」と、その演技に驚いた様子。「“母ちゃん、泣いていると元気になれないよ”って泣きながらも私を励まそうとするシーンは、本当にビックリしました。感情が入り込んでいてすごいなと思いました」と、特に印象に残っているシーンを挙げた。さらに、北村も「子どもは目が純粋だから、普通にそれっぽくセリフを言えばリアルに見えたりもしますが、それだけではなく、感情が本物。悲しいけど強くなろうと思うシーンでは泣く時にも笑顔になったり、不意に誰も演出していないような顔が出る。そういう子役にはあまり会ったことがないし、俳優として一番大事なもの、僕らが望むものを持っている」と絶賛。これを受け、横山は「うれしい」と照れくさそうに顔をほころばせていた。その後、現在7歳の横山は「このまま、おじいちゃんまで(役者を)ずっと続けたい」と将来の夢を語るが、「もしかしたら、やめちゃうかも」と付け加え、お茶目な一面を見せる。すると、北村から「それは言わなくて良い(笑)」と家族さながらにツッコミを入れられる一幕も。

そして、最後に北村が「家族の方に見て頂きたいし、同じような悩みを持った方にも見て頂けたらなと思います。見方は十人十色だと思いますし、本気で戦った家族を僕たちが本気で演じることによって何かが生まれ、何かが伝わるのではないかと思います。僕も先のことを考えずに、今を一生懸命するということをこの台本で学びましたし、今、自分が置かれている状況のことをただ一生懸命やろうと思いました」と、本当にあった物語を通して視聴者に何かを感じ取って欲しいことを訴えつつ、ドラマをアピールした。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook