家入レオ、昭和の歌にハマり中!なぜ平成生まれが「昭和」にひかれるのか?

2017年10月12日 18:15

ニュースの深層から流行最前線まで、旬の話題を掘り下げる情報番組『金曜イチから』(NHK総合、毎週金曜19:30~20:00※一部地域除く)。10月13日は、「昭和歌謡がブーム!?~平成世代が“あの歌”にひかれるワケ~」と題し、ゲストにミッツ・マングローブ、柴那典を迎えて放送する。

いま、“昭和の歌”に魅了される“平成生まれ”が増えているという。カラオケで昭和の歌ばかり歌う大学生や、往年のスターたちの写真を販売する店にも若い世代の姿が増えている。いったい何が若者の心を魅了するのか。そんな中、22歳のアーティスト・家入レオも、最近聴く音楽の半分以上が昭和の歌だと明かす。

番組では、家入をはじめ、平成世代を徹底取材。日本を代表する作詞家・松本隆の新たな挑戦にも迫る。歌は世につれ、世は歌につれ……音楽を通して見えてくる現代社会とは?

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook