ウイスキーづくりの夢に向け、決意を新たに大阪へと戻ったマッサンとエリー…連続テレビ小説『マッサン』

2014年11月24日 14:30

主演に亀山政春(マッサン)役の玉山鉄二と、亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスを迎え、国産初のウイスキー製造に挑む夫婦の愛と冒険を描いた連続テレビ小説『マッサン』(NHK総合テレビほか)。

第9週「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のあらすじは――
広島の実家でウイスキーづくりの夢の原点に立ち返り、決意新たに大阪へと戻ってきたマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)。ウイスキーをつくるには、やはり鴨居(堤真一)に頭を下げ雇ってもらうのが一番の近道とエリーに諭されたマッサンは鴨居商店を訪れる。しかし、太陽ワインのポスターが世界で認められ店中が歓喜に湧く中、マッサンは鴨居になかなか話を切り出せないのだった。そんななか、鴨居はマッサンに一本の瓶を差し出す。ウイスキーと炭酸を混ぜたものを新商品として売り出すことを聞き、ウイスキーをバカにしていると激怒したマッサンはやっぱり一緒には働けないと出て行ってしまう。

一方、エリーは秘書の黒沢(志賀廣太郎)に鴨居商店へと誘われ、鴨居とスコットランドの貿易商との商談の通訳を頼まれる。そこで、日本でのウイスキーづくりを否定され思わず反論してしまったエリーは、もう一度マッサンにチャンスをあげてほしいと鴨居に懇願し、二人の会談の実現に奔走するのだが……。

■NHK連続テレビ小説『マッサン』
毎週月曜~土曜 8:00~8:15(NHK総合テレビ)

【関連リンク】

【関連ワード】

この記事を共有する

Twitter Facebook