三浦春馬らキャスト陣が総出演『オトナ高校』の校歌が完成

2017年11月14日 11:00

三浦春馬が主演し、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”『オトナ高校』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05~)。この度、その校歌が完成したことがわかった。

この校歌が披露されるのは、今週11月18日(土)に放送される第5話で、思わずじーんとする胸熱プロセスを経て、オトナ高校の校歌が作られることになる。歌詞には“入学から今までの印象的なエピソードを彷彿とさせるワード”が散りばめられているが、その一方で、“捉え方によってはオトナな何かを連想させるワード”もチラホラ見え隠れするなど、実に『オトナ高校』らしい校歌に仕上がっている。

番組では特別にフルサイズのミュージックビデオも制作され、この第5話の放送に先駆け、本日11月14日よりYouTube「テレ朝チャンネル」にて先行フル公開。MVには三浦、高橋克実、竜星涼、松井愛莉、山田真歩、夕輝壽太、杉本哲太、正名僕蔵、そして黒木メイサら、レギュラーキャストが総出演している、三浦ら生徒を演じる面々が校歌を歌う姿はもちろん、第1話~第5話の名シーンも詰め込まれている。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook