上川隆也、甲本雅裕との絶妙な“掛け合い”が反響『遺留捜査』第6話平均視聴率10.8%

2017年08月18日 10:30

上川隆也が主演するドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)の第6話が、8月17日に放送。これまで、上川演じる糸村聡と、甲本雅裕演じる科学捜査研究所係官の村木繁とのやり取り”が絶妙とインターネット上でも話題となっていたが、この日は、普段はやや強引に鑑定をお願いされる側である「村木が糸村に捜査のお願い」をするという新しい展開があり、“糸村×村木”の掛け合いが反響で、平均視聴率も10.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)をマークしたことがわかった。

上川演じる糸村は、事件現場に残された“遺留品”から事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと、超マイペースで空気を読まない不思議キャラで、視聴者を虜にしてきた。そんな彼の活躍を描いてきた人気シリーズが、7月から第4シーズンに突入しており、今回は京都を舞台に展開している。

これまで東京・月島を舞台に展開し、村木も東京の科捜研に所属していたが、このシリーズでは、京都の科捜研に移動となったため、引き続き糸村×村木の“掛け合い”は展開されており、ファンの間でも毎回楽しみにしているという声も多く、反響を呼んでいた・

そんな中、この第6話では、村木から糸村にお願いをするという展開で、冒頭からガッツリと糸村×村木の掛け合いが披露。村木から糸村の所属する“特別捜査対策室”、通称“特対”に手土産を持って「いつも糸村さんがお世話になっております!」と登場し、糸村に捜査のお願いをしたのだ。

この第6話では、所轄署の警察官・西岡良平(岩松了)が殺害される事件が発生。妻の真由美(国生さゆり)の犯行とにらんだ捜査一課3係係長・八重樫剛(野村宏伸)らは連日、彼女の事情聴取に当たっていた。事件の1週間前、近所の住民が夫婦が言い争う声を耳にしていた上、西岡が所持していたカバンの中から、記入済みの離婚届が出てきたことが決め手となったのだ。西岡は元々優秀な刑事だったが、10年前、女子大生が殺害された事件で真由美の兄が逮捕されたことから、会計課に異動した過去を持っていた。

そんな中、村木が、なぜか西岡が殺された事件について力を貸してほしいと糸村に頼んできたのだ。なぜ、村木がそんな依頼をしてくるのか? 糸村は「こんなこと初めてですね。何か事情があるんですね」と村木をじっと見たにも関わらず、結局何も聞かず、村木も「あ、聞かないんだ!」とガッカリ。そして、村木のお願いを引き受けた糸村は、現場に残された遺留品の中から、記入された文字が所々歪んでいた離婚届に目を留める。その離婚届けの片隅に、なにやら墨のような黒い汚れが付着しているのも気になり……。ちなみに、この文字について村木は、「筆跡鑑定の結果では、西岡さんの文字に間違いないようです」とことも告げられていた。警官殺しの捜査を開始した糸村と村木。2人はやがて10年前の事件の衝撃の真相にたどり着くことに。しかし、村木はなぜ糸村に捜査を頼んだのだろうか!? そして離婚届に秘められた真実とは……という内容だった。

ネット上では、随所に登場した“糸村×村木”の掛け合いに歓喜の声があがっており、「糸村木、仲良すぎ!」「もう、完璧にバディ!」といった反応が。劇中では、村木が西岡との関係を糸村に明かした場面があり、“凄くいい話”をしたにも関わらず、糸村は、「村木さん、例の鑑定結果は出ましたか?」と……。まさかのスルー!? に村木も「え? 聞いてなかったの?」。このやり取りに関しても視聴者からは、「村木さんの話、無視か!」「村木さんのいい話が……(笑)」「良い話をスルーする糸村さん、最高!」と盛り上がりを見せていたが、ラストに村木との会話の中から、実は糸村はちゃんと村木の話を聞いていたことが判明すると、「やっぱり、村木さんの話、ちゃんと聞いていたんだ!」「糸村さん、聞いてた! これも泣ける」というコメントが多く寄せられていた。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook