さまぁ~ず三村、娘に嫌われたくない心情を吐露

2017年05月19日 11:00

さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ~ず×さまぁ~ず』(テレビ朝日系列、毎週木曜2:21~ ※一部地域除く)。5月18日の放送では、三村が年頃の娘とのコミュニケーションに苦労していることを明かした。

仕事の関係上、遅く起きることが多い三村。いくら土日でも子どもが部活や用事などでいないことが多いそうなのだが「娘ちゃん(19歳)は夕方4時に“おはよう”ってくるときあるからね……えー? どこにいたの? ずっと寝てたの? 何ですか? みたいな。ビックリだよ」と驚く。しかし「ただ、“え!?”とは言わないけどね。嫌われちゃうから。“おはよう”って(返す)。全然おはやくないんだけど(笑)」と娘の一挙手一投足に戦々恐々としていることを明かした。大竹が「“お前いつまで寝てんだ”とか言わないんですか?」とツッコむが、三村は頑なに「言わない。“お前もだよ”って言われちゃうし」と拒否した。

さらに娘とのエピソードは続き「“キレイモ~”ってCMソングを歌っていたんだけど、娘がノーリアクションなの。で、サーって血の気引いてさ。キレイモって女の人だけが知っているそういう用品の名前なんじゃないかな……俺フルで歌っちゃったけど、大丈夫? みたいな」と失態を犯したことを明かした。続けて「で、かみさんに相談したんだよ。“キレイモって知ってる? 女性のアレじゃないよね? 娘の前で歌っちゃったんだけど”って。そしたら調べてくれたんだけど、脱毛サロンだった」と安堵。しかし大竹は「遠くないね」とバッサリ。会場は爆笑に包まれていた。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook