スギちゃん、“雪だるま”の過酷ロケが「鬼畜過ぎて笑う」と反響

2017年03月13日 12:00

様々な事情でレギュラー番組を失い、試練の時を迎えている“かつての人気芸人たち=リベンジャーズ”が、再びあの頃の人気を取り戻すため、プライドを捨て、きついロケに自ら進んで挑戦する番組『発注歓迎!リベンジャーズ』(テレビ朝日系列、毎週土曜27:30~)。3月11日の放送では、“ワイルド”なスギちゃんが登場。過酷過ぎるロケに挑戦しており、ネット上でも注目を集めた。

今回の発注は「雪だるまを北海道から沖縄まで運べ」というもの。台車に雪だるまを乗せ、北海道旭川からおよそ3200km、沖縄で待つ子ども達に雪だるまを届けるために、5日間運び続けるという超過酷ロケ。企画の内容を知らされたスギちゃんは「はい、運びますよ。いい企画じゃないですか!」とやる気を見せていたが、飛行機&鉄道が雪だるまを乗せての撮影がNGだったことから、ヒッチハイクなどを駆使して撮影許可が取れる移動手段で沖縄を目指すことに。過酷な内容だけに不安を覗かせるも、沖縄でゴールした時点での“雪だるまのキロ数×1万円”がスギちゃんのギャラ。スギちゃんは「100キロで100万。ありがたいね、やる気出てきましたよ!」と雪だるま作りを開始した。

粉雪に中々雪が固まらず、苦戦しながらも79.7キロ(79万7千円)の雪だるまが完成し、移動を開始。ヒッチハイクで乗せてくれる車を探すも、なかなか雪だるまを一緒に乗せてくれる車は見つからずで、極寒の中でスギちゃんは野ざらし状態。しかし、そこにスギちゃんのファンだという女性と遭遇し、ヒッチハイク成功。しかし、その後もスムーズに次を見つけることが出来ずに苦戦。その間も雪だるまは溶け始め……、スギちゃんの挑戦は後半へ。ネット上では、そんなスギちゃんの姿に「鬼畜過ぎて笑う」「スギちゃんの雪だるまおもしろいw」「スギちゃん、ギャラ0で働くのか……」といった声が上がっていた。果たして、沖縄で待つ子ども達に雪だるまを届けることができるのか?

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook