さまぁ~ず三村、人間ドック後に思わぬ体の異変 原因はまさかの…

2016年10月14日 19:30

さまぁ~ず(大竹一樹&三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ~ず×さまぁ~ず』(テレビ朝日系列、毎週木曜2:36~ ※一部地域除く)。10月13日の放送では、人間ドック後の軽率な行動が原因なのか、ある痛みに襲われたことを告白した。

マイアミまで行っていたという三村。帰国してこの一週間、なぜか肩甲骨の周囲に痛みを感じていたという。そんな中、ある番組の企画で人間ドックを受け、重大な異変が見つからないかぎり、番組の進行上、結果は後日ということになっていた。幸い、大きな病気も見つからなかったようで、そのまま打ち上げ的な食事会へ。しかし、その開放感からか三村は「あの後、豪快に食ったじゃん!」と……。

その後、三村は肩甲骨の痛みも続いていたことから、「今日、接骨院にいったら、“最近、暴飲暴食みたいなことしました? 僕は、整体師なので内科のことは言えないのですが、胃とか症状悪くなると肩甲骨とか痛くなるなる傾向があります……”」と言われたと報告。三村は、胃の中が空っぽの状態で頭と尻尾付きのエビフライをドガ食いしたこと思い出し、その暴飲暴食が原因なのかと想像しながら引き続きその整体師に診てもらうと、上を向くことができないことが判明。首辺りのズレなのか、そこで整体師は驚きべきスキルを発揮し、三村もわけがわからぬまま、整体師に身を任せバキバキっと整えてもらうと、その後は、すっかり良くなったと話を続けた。

肩甲骨の痛みとドガ食いに関係が本当にあるのかはわからないが、その整体師のスキルに「マジで? すげえじゃん、俺も行かせて欲しい!」と大竹は興味津々。すかさず三村が「天才が俺の徒歩圏内にいた!」と改めて絶賛すると、大竹家に比べ、都会から離れた場所に住む三村に対し、「じゃ、遠いな〜」といじると、三村は「遠いな、じゃねぇよ! お前が都会に住みすぎてんの!」と反撃。それに対し大竹は、「言わなくていいの。俺の“都会”のことは!」と釘を刺し、そのやり取りで会場を沸かせていた。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook