アキラ100%が、お盆を投げ捨て真のギリギリに挑戦

2017年08月18日 18:20

ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)がMCを務め、カンテレで8月18日(金)24時55分から放送される『~ジャルやるっ!真夏の奇祭SP~見えたらアウト! 爆笑ハダカ祭りin与論島』に、裸スペシャリストのハリウッドザコシショウとアキラ100%、裸ビギナーの学天即(四条和也・奥田修二)、最小限グラビアで知られる天木じゅんが出演。与論島で「見せない! 脱がない! はみ出さない! ジャルやるっ! 裸祭」と題した祭りを繰り広げる。

今回番組では、祭にちなみ“神事”と名付けた“全裸だるまさんがころんだ神事”や“全裸卓球神事”などに挑戦。さらに“全裸SAAAASUKE神事”という他局の番組を彷彿とさせる企画では、“完全全裸”の前貼りなしで実施。“本当に見えたらアウト”というギリギリに挑むため、与論島のとあるビーチを貸し切りにし、関係者だけ、かつ女人禁制の空間を作って撮影が行われた。

アキラ100%だが、ゲームではなんとお盆を投げ捨て、新聞紙で股間を隠しながら全力疾走。コースには、スラロームやハードル、トランポリンなどの障害物が用意されており、想像以上に軽い新聞紙に苦戦。アキラ100%は無事隠しきり、神事を成功させることができるのか。

また、ポロリなしを達成できたゲームごとに、抽選で選ばれた出演者の一人が“ナース風ビキニ”など、超セクシーな奉納水着を着て、神へ祈りを捧げることに。天木は「皆がポロリしてるかしてないかっていうところ。ほとんどしてたと思いますけど(笑)」と語るが、後藤は「“見せない”という芸ですから、それが達成できたことをうれしく思っています!」と喜びとコメント。どちらの見解が正しいのかは番組を見てのお楽しみだ。

【関連リンク】

【関連ワード】

この記事を共有する

Twitter Facebook