横澤夏子、奇跡の一枚に「別人だろ!」『マイ・フェア・レディ』に変身

2017年02月08日 10:30

タカアンドトシがレギュラー出演する人気バラエティ『採用!フリップNEWS』(中京テレビ・日本テレビ、中京地区・毎週火曜23:59~、関東地区・毎週木曜25:59~)。1月10日の放送回が、中京テレビの見逃し配信サービス「Chuun」で配信された。

同番組は、芸人たちが取材してきた“いま世の中に伝えたいニュース”をフリップだけで紹介するバラエティ。全てのプレゼンが終わった後、プロデューサーのトシと、ゲストの女性デスクが最も良かったネタを採用。最後に、報道番組『フリップNEWS』のひとネタとして、中京テレビの稲村紗綾アナウンサーが読み上げる。今回のゲストは、横澤夏子、小島よしお、女性デスクは女優でファッションモデルの新木優子。

横澤がプレゼンしたのは「“シニアビューティ”変身願望“奇跡の一枚”」。横澤が写真スタジオの「オプシス日比谷本店」を訪れ、店長・宇佐美さんにインタビューをすることに。宇佐美さんによると「シニアの女性が写真を撮りに来るのに一番多い理由が、“遺影写真”。最後のプロフィールということで、綺麗な自分を飾りたいというのがシニア女性の声に多い」とのこと。

一体どんな人が来ているのかということで、フリップで紹介していく横澤。まずは「大嶋さん(80)来店2回目」が登場。横澤が「私が初めて声をかけた瞬間、“あら、なっちゃ~ん!”と親戚かと思うくらいの結構大きな声で呼ばれました」と振り返りつつ、来店理由を尋ねる。すると、大嶋さんは「私、変身願望があるのよ。初めて撮った時の写真は、変身し過ぎて娘と大笑いした」と明かす。さらに話を掘り下げると、「水泳教室に通っている。限りなく泳げるわね」と答えたそうで、横澤は「じゃあ人魚ですね? と聞いて大笑いしてました」と語った。その後、大嶋さんが「セクシー」をテーマに大変身を遂げると、スタジオでは歓声が起こり、小島が「CD出しそう」と思わずこぼす一幕も。

さらに横澤は「大嶋さん1人じゃなかったんです」と切り出し、年に2回撮影しており20回目の来店となる「チドリさん(80)」も紹介。なぜ来ているのかを聞くと、「年賀ハガキはいつもここで撮ってるの」というまさかの回答が飛び出す。これに、タカが「捨てるに捨てられないパターンですね」と言い放つと、横澤は「捨てないですよ。なぜなら、“お友だちが楽しみにしている”から」と理由を明かす。そして、「ファンが沢山いるんです。相当変身しますからね!」と念押ししてから写真を取り出す。そのあまりの変貌ぶりに、全員が声をあげつつ、思い思いの感想を語った。

その後、横澤は「私も早く遺影写真を撮ってみようと思って、奇跡の一枚に挑戦してきました」と写真を公開し、「映画『マイ・フェア・レディ』のオードリー・ヘップバーンをイメージしました」と説明。すると、タカは「別人だろ! 目の大きさが全然違うじゃん」と噛み付くが、横澤は「つけまつげ、4枚(右)4枚(左)つけてますから。その上にアイラインを引くと目が大きく見えるんですよ」としたり顔を見せる。しかし、トシは「こう見ると普段の横澤の顔が貧相なのが際立つね」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

このほか、タカが「知られていない!スポーツの変わったルール!」、小島が「街中にある看板を水墨画で描く」をプレゼンした。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook