篠原涼子44歳バースデーを高橋一生、前田敦子ら祝福

2017年08月13日 11:45

女優の篠原涼子が13日、44歳の誕生日を迎え、10月スタートの主演ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)の撮影現場でバースデーイベントを開催。この模様が番組公式ツイッター(@minshuuno_teki)で公開された。

ツイッターでは「撮影の合間にみんなでサプライズバースデーをしました。バースデーソングを大合唱したりの楽しいバースデーでした」というコメントと共に、高橋一生、前田敦子、千葉雄大、斎藤司ら共演陣が篠原を囲んで記念撮影する様子を報告。コメント欄には「ドラマとっても楽しみにしてます」「私の憧れです」「素敵な一日になりますように」と祝福のメッセージが寄せられている。

そのほか、ツイッター上では“#篠原涼子誕生祭”が盛り上がりを見せており、このツイートがシェアされているのはもちろん、様々な篠原の出演作の写真などと共に「おめでとうございます」「涼子ちゃんに会えて幸せ」「生まれてきてくれてありがとう」「かわいい」と様々な言葉が溢れている。

ドラマは、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般目線の女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメント。高橋は智子のライバル市議会議員・藤堂誠役、前田と千葉は智子の同期議員の小出未亜と岡本遼、斎藤は智子の選挙戦のライバルとなる園田龍太郎をそれぞれ演じる。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook