神田沙也加の「ハァハァ」が止まらない欲望まみれの“神回”に大興奮

2017年07月26日 06:00

声優の森川智之が、フジテレビの動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信中のマンガトークバラエティ番組『マンガは世界を救う!』の第8回にゲスト出演。番組MCを務める神田沙也加を大興奮させた。

「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」セフィロス役など、アニメ・ゲームで美形キャラクターの声を担当し、洋画の吹替えでは、トム・クルーズ、ユアン・マクレガー、ブラッド・ピットと言ったハリウッド俳優たちの声を務める森川。“BLの帝王”とも呼ばれる声優界の超大物だ。

番組冒頭、呼び込みの前から興奮を隠し切れない神田。その凄さがわかっていないもう1人のMCの有野晋哉(よゐこ)のボケに対しても「一個一個にとんち効いた返しをしている余裕がないんですよ!」とバッサリ切り捨てるなど、序盤からテンションはMAX。ついにスタジオに森川がやってきて神田と握手を交わすと、有野がわざと神田の手を握り、神田に「触らないで下さいよー!」と言わせるなどからかっていた。

まったく森川の偉大さを感じていない有野に対して、神田は、主題歌と登場全キャラクターの声を担当するアニメ『神々の記』を使って、その凄さを説明。さらに、人の顔の形をしたダミーヘッドバイノーラルマイクの話題になると、臨場感溢れるキスの音を再現する森川に神田は大興奮していた。

そんな中、神田をはじめ番組の女性スタッフがどうしても森川にやってもらいたいという思いが詰め込まれた欲望まみれのコーナーがスタート。この企画は、“妄想・癒されワード”が書かれたカードを引いて、その言葉を森川に言ってもらうというもの。森川が快諾すると、神田は「やったー!」と大喜び。しかも、カード選びでは神田の作為的な思いをぶつけ、森川は素直にその思いを選択。

「沙也加、この収録終わったらデートしような」と森川が言うと、神田は「アッハァ、するぅ~」と恍惚の表情を浮かべながらしなだれ落ちる。さらに神田は「もう一つで良いので」と言って泣きのアンコール。すると森川は、全カードを確認して、「全部、一つに繋げてやります」と大サービス。就業時間後のオフィスで、憧れの先輩と2人きりというシチュエーションを提案すると「頑張ってるね。そういうところ好きだよ。あの、これ君にしか頼めないんだけどごめんね。ああ、でも俺はお前を残しては帰れない。だから……はい、特別手当。チュッ」とフルコースをプレゼント。

神田は「これはヤバイぞー!」とジタバタしたかと思えば、鼻を押さえ恍惚の表情を浮かべながら「ハァハァ……いやちょっと私、血出てます?」と大興奮。番組のラストには「神回だった!」と大満足した表情を見せていた。

番組では、そのほかにBLアニメの収録ウラ話や、「男の子っていいなぁ」をテーマに視聴者が作ったマンガランキングを親切の押し売りで作り変える企画などが行われた。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook