橋本環奈、瞳のキラキラが半端じゃない!『警視庁いきもの係』が話題

2017年07月24日 20:30

フジテレビ系列で放送中のドラマ『警視庁いきもの係』(毎週日曜21:00~)の第3話が23日に放送され、ヒロイン・薄圭子を演じる橋本環奈の瞳がキラキラ輝いていると話題になった。

本作は、警視庁総務部総務課の架空の部署・動植物管理係“通称=警視庁いきもの係”を舞台に、渡部演じる元捜査一課の鬼警部補・須藤友三と、橋本演じる獣医学部卒の動物マニア女子・圭子巡査の2人が、動物の生態をもとに事件解決に奔走していくコメディーミステリー。

第3話は、投身自殺した男が遺したペットの蛇を、いきもの係で保護することに。男性宅を訪ねると、圭子は珍しい蛇にテンションを上げながらも、これほどの愛情をもって大事に育ててきた人物が自殺するのはおかしいと分析する。近所の目撃証言からも、自殺推定日時と、発見日時、目撃日時の辻褄が合わない。一方、捜査一課の石松(三浦翔平)は、10年前に起こった強盗傷害事件を追っていた。時効が3日後に迫った今、食い逃げ事件の現場から採取された指紋が、10年前の事件の容疑者と一致する。

その後、圭子は須藤を連れて蛇専門のペットショップへ。その店の“蛇コミュニティ”の早期メンバーの中からヒントを見つけ、捜査一課が追っている事件との関わりや、真犯人を導き出していく。

その捜査中、屋外で事件について語る時や、自殺した男の暗い部屋で張り込み中など、橋本の瞳がキラキラと輝いていることにネット上は注目。「瞳がキラキラして可愛い」「透明感がスゴイし目がキラキラ」「なんでこんなにキラキラしてるの?」と、その愛くるしい姿を絶賛する声が沸き上がった。そのほか、番組エンディングで橋本をはじめキャスト陣が繰り広げるダンスも話題に。「さすがアイドル」「可愛すぎる」「ダンススキルを見せつけてる」とこちらも好評を博している。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook