成田凌の笑顔で前髪タッチに女子騒然、反則的行動に「あの距離で触られたら…」

2017年04月21日 18:30

桐谷美玲主演で放送中のドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第2話が20日に放送。成田凌が演じる美容師・榊圭一のイケメンぶりにネットが沸き上がった。

本作は、会社の研究に没頭するあまり、オシャレ偏差値が最底辺になってしまっていた女性研究員・城之内純(桐谷)が、研究室の同僚・前田満子(水川あさみ)と佐藤聖良(ブルゾンちえみ)と共に流行のメイク、ファッション、美容など「美の特別研究」に挑む姿が描かれる。

第1話で、八王子の製紙会社が、大手化粧品メーカー・クレエラジャパンに吸収されることが決定。純たちがいるセルロースナノファイバーの研究チームは、キラキラ女子が蠢く丸の内の研究所で働くことになり、女子力をアップするために特別研究を開始した。

第2話では、丸の内での仕事が始まった純たちだが、あまり仕事が回ってこないことに疑問を持ちながらも「まだ来たばかりだから徐々に忙しくなるのでは?」と気にとめずにいた。そんな中、統括マネージャーの栄子(室井滋)が、純の憧れの研究者だったことを知る。更に純の親戚の結婚式に、栄子も新郎側で出席することが判明。なんとか認められたいと、結婚式までにパーティファッションを身につけようと奮闘する。

純は、ドレスをレンタルし、研究センター長の國木田(鈴木浩介)の助けを借りてイヤリングを付けることで女子力を少し上げることに成功。更に、庶務課の“ステキ女子”こと岸根香澄(足立梨花)と森村美優(岡崎紗絵)のはからいで、美容室『ルーチェ』の人気美容師・圭一にヘアメイクをしてもらえることになった。しかし、美容室に行くと純はあまりの緊張のため、圭一が髪を触ろうとすると避けてしまい、最終的にお金を置いて逃げ去ってしまうのだった。

そして、結婚式に出席した純。気もそぞろで会が終わると、目の前に栄子の姿が……。純が「いつになったらセルロースナノファイバーの研究が再開されるのでしょうか?」と尋ねると、栄子は「すでに研究は引き継いで別のチームで行われている」と告げ、更に、欲しかったのは研究結果だけで、研究員は必要なく「冴えない格好でオフィスをうろつかれると目障りなの」と言って去って行く。

どん底に落とされた純が、肩を落として歩いていると、そこに偶然、美容師の圭一が現れる。美容室での行動を謝る純に対して、圭一は「会えて良かったです。お金をお返しします」と言ってお金を差し出す。予約していたからと遠慮する純に「このお金でもう一度いらしてください」と言って受け取らせると、彼女の髪に触れ「店でも思ったんだけど、綺麗な髪ですね。久しぶりにこんなに純粋な黒髪を見ました。とてもステキです。大事にしてくださいね」と笑顔で語りかける。思いもよらない言動に、純のドキドキは一気にピークに達し、左胸はハート型に撃ち抜かれるのだった。

ネット上では成田演じる圭一のイケメン美容師ぶりに「あの笑顔は反則です」「この距離で髪を触られたらそりゃ撃ち抜かれる」「今すぐ黒髪にしてくる!」と騒然。また「成田凌のいる美容室に行きたい」と夢見る女子が続出していた。

27日放送の第3話の予告映像でも純と圭一の関係にスポットが当たっており、「恋じゃない?」と疑問を投げかける声や、圭一の「また是非、店にいらしてくださいね。連絡お待ちしております」と優しく語りかける姿や、純が「錯覚です」と下を向く姿などが公開されており、今後の展開に期待がかかる。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook