桐谷美玲の顔を拡大!吉田ユニデザインの“目を引く”ポスターが解禁

2017年03月21日 12:30

桐谷美玲主演で、4月13日よりスタートする新ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系列、毎週木曜22:00~)のポスタービジュアルが解禁された。

本作は、大久保ヒロミが手がける同名コミックを原作に、仕事の研究に没頭するあまり、おしゃれ偏差値が最底辺の“女子モドキ”になってしまった理系女子“リケジョ”の城之内純(桐谷美玲)、前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)が、流行のメイク、ファッション、美容など「美の特別研究」をしていく物語。

ポスターのデザインを手がけたのは、新進気鋭のアートディレクターの吉田ユニ。広告、CDジャケット、映像、装丁など幅広く活動している注目の存在だ。今回のコンセプトは、リケジョという役柄を際立たせるためにフラスコや、ビーカー、試験管などの実験器具を用いて、それらのモチーフで顔をゆがませたりパーツを拡大させたりすることで、見た目のインパクトや、メイクにかかせないポイントなどを強調させた、ドラマの世界観を体現したビジュアルとなっている。

ファッション誌や報道番組の企画で顔を合わせたこともあり、以前から吉田ユニのことが好きだったという桐谷。「ポスターのラフ案を見ただけでも、とてもかわいらしくて、でも少し毒気がある独特の世界観満載で、このドラマにどうマッチしていくのか、ものすごく楽しみでした」と語り、完成したビジュアルについても「ドラマの内容にぴったりで、とても目を引くポスターに仕上げていただいたと思います」と絶賛している。

また吉田ユニは、水川主演のドラマ『東京女子図鑑』(Amazonプライム・ビデオ)のメインビジュアルのデザインを担当し、ブルゾンは以前から吉田のInstagramのフォロワーであるなど、偶然にもそれぞれと繋がりがあったことが判明。水川は「それぞれ水の入った試験管、ビーカーなどに映る自分はブスで、それを持つ自分たち。このドラマのテーマにもぴったりです。ユニさんの撮影は毎回感性が刺激されます」と語り、ブルゾンは「吉田ユニさんが撮って下さることをポスター撮影当日に知り、大興奮で跳ね上がっていました(笑)」と明かしている。

吉田ユニは、今回手がけたビジュアルについて「三者三様のキャラクターがとても際立っていてビジュアル作りがとても楽しかったです。皆さんと試行錯誤しながらいろんな角度を探り、楽しく撮影ができました」と振り返っている。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook