『テラスハウス』ローレン、女子メンバーに責められ“すれ違い”の危機?

2017年01月10日 17:00

ハワイを舞台に放送中の人気リアリティショー『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』の#5が、フジテレビで9日深夜に放送。女子メンバーの間ですれ違いが発生した。

現在、テラスハウスは、画家志望でモデルのローレン・サイ、モデルのフランク奈緒美ロレイン、ショップ店員のエビアン・クー、俳優志望の澁澤侑哉、ウクレレアーティストの鮎澤悠介、家具職人のエリック・デ・メンドンサの6人が共同生活を送っている。

ある日、奈緒美とエビアンが相談し、ローレンを呼び出し、普段の生活の中で“食器や洗濯物の片付け”や“トイレの使い方”などについて意見を伝える。結果的に2人に責められた形になったローレンは「メンバーに嫌われているのでは?」と、姉に悩みを打ち明ける。

一方、奈緒美も今回のやり方は良くなかったと感じ侑哉に相談。侑哉は「どちらか1人で伝えれば良かった。結局2対1の意見でローレンを潰しているだけ。1人で注意して嘘を付いたらローレンがそういう人なんだよ。言うことは言わないと逆に変な風に捉えられる」と語り、奈緒美は「ありがとう。すごく良いこと言ってくれるね。もっと責められるかと思った。スッキリした」と感銘を受けた様子を見せる。

その後、奈緒美はローレンに2人で責めてしまったことを謝罪。ローレンも「皆も完璧じゃないと思う。もっと優しく言って欲しかった」と心境を伝えつつ、2人の言葉を受け止める。そんな中、侑哉が奈緒美とエビアンがいる女子部屋を訪れ、奈緒美の前でエビアンをデートに誘う。侑哉に想いを寄せているように見える女子2人の間に複雑な空気が流れるのだった。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook