加藤シゲアキ原作ドラマ『傘をもたない蟻たちは』主演・桐山漣の芝居に注目

2016年01月09日 17:00

俳優・桐山漣主演で、加藤シゲアキ(NEWS)の短編小説集を原作のドラマ『傘をもたない蟻たちは』が、フジテレビ系で1月9日(土)23時40分よりスタートする。

ドラマは、原作内の6編の物語から、「恋愛小説(仮)」、「インターセプト」、「にべもなく、よるべもなく」という全く異なる魅力を持つ3編を取り上げ、世界感はそのままに、新解釈を加えそれらを4週連続ドラマとして再構成。続ドラ化にあたり、加藤が紡ぎ出した小説の世界感を損なうことなく、それぞれの物語をいわば“因数分解”した上で再構築、原作とは一味違う映像作品としてアレンジ。“生と性”をテーマにしたエンターテインメント作品として仕上げられる。

桐山は、ギリギリの生活をしている落ち目の売れない若手小説家・橋本純を演じ、加藤は、ドラマのオリジナルキャラクターで、純と15年ぶりに再開する幼なじみ・村田啓介を演じる。桐山はこれまでのイメージを打ち破る役柄について「僕自身、ひとつ殻を破れた」と語っており、加藤シゲアキもオリジナル要素について「驚いてもらえる」と自信を見せている。

第1話では、純(桐山漣)が、担当編集者の館山(阪田マサノブ)勧めで恋愛小説を書き始める。しかし、締め切りが迫っても中々書き上げられない純。そこにひとりの男(加藤シゲアキ)が現れる。突然家を訪ねてきたその男は、橋本純が生まれ育った那珂湊の幼なじみだった。10年以上ぶりの再会を喜びつつ、小説のアイデアが浮かばずに苦戦していることを話すジュンに、幼なじみは過去にジュンが経験したある事件の話題を持ち出してきた。ジュンはその事件をヒントに、小説『インターセプト』を書き始めることになる。

純が書いた『インターセプト』は、会社員の林(桐山漣)と部下の中村安未果(足立梨花)の恋の駆け引きを描いた物語。安未果を口説き落とそうする林も桐山が演じており、桐山自身が「アホっぽくて面白かったです(笑)」と語る、男の心情を表現した芝居にも注目だ。

【関連記事】

この記事を共有する

Twitter Facebook