菅田将暉、大好評“鬼ちゃん”役へのこだわりを告白

2015年12月25日 14:00

俳優の菅田将暉が、明石家さんまのトークバラエティ『さんまのまんま』(関西テレビ・フジテレビ系)に出演。携帯電話会社のCMで大人気の“鬼ちゃん”役への思いを告白する。

現在、放送中の携帯電話会社のCMで演じている“鬼ちゃん”役が好評の菅田。しかし、人気のCMシリーズに後から入っていくことについて「怖かった」と語り、大抜擢されたことへの不安だったことを明かす。また、役者ならではの“鬼ちゃん”役へのこだわりを明かし「そんなに芝居好きなんやな」とさんまを驚かせる。そんな菅田に、さんまは三國連太郎や三木のり平ら先輩役者たちのエピソードを伝える。

また、菅田は日本テレビの特番で若き日のさんまを演じた際のことを振り返り、撮影日が1日しかない上に「みんなが知っているさんまさんなので、すごくやりにくかったです」と役づくりに大苦戦したことを告白。しかし、「バラエティーの企画で本気で芝居するのが面白いと思った」と、役を演じ切った充実感を語った。そんな菅田に対してさんまは「菅田君の中の明石家さんまをやってくれた。あんなに真剣に演じてくれるとは…」と絶賛する。

さらに、さんま役を演じるために練習していた吉田拓郎の名曲『人生を語らず』の弾き語りをさんまの目の前で生演奏。さんまが「ここでは桑田佳祐さんや松山千春さんも歌ったんやで」とプレッシャーをかけるのだが……。

また「生地選びに5時間かけて、ミシンも全部ボクが縫いました」と話す“手作りのスカジャン”をお土産に持参。ポケットの位置や模様などにもこだわりが詰め込まれている。さんまは「カッコええわ」と感動するが、身に着けてみたところ重大な問題が発覚する。菅田が悔しがるその問題とは? まんまコーナーでは、高校時代にアメフト部だった菅田がまんまとキャッチボールをする。

この模様は、関西テレビで12月26日(土)13時56分から、フジテレビで1月10日(日)13時から放送する。

この記事を共有する

Twitter Facebook