ピース又吉、綾部主演『別れたら好きな人』でドラマ初共演

2015年09月28日 12:30

ピースの綾部祐二主演で、9月28日より東海テレビ・フジテレビ系でスタートする昼ドラマ『別れたら好きな人』(毎週月~金曜、13:25~)に、綾部の相方・又吉直樹の出演が決定した。

又吉が演じるのは、アルトリコーダーを手にキルト風の民族衣装に身を包む謎の“音楽研究家”で、綾部が演じる木原二郎の運命を左右するキーマンとして登場する。「綾部への応援の気持ちも込めオファーを快諾した」という又吉は「出られるならどんな役でもいいと思っていた」と話し「重要な役をいただけてうれしいです」とドラマ初共演の喜びを表現している。

共演シーンの撮影はすでに終えており、秋元才加演じる二郎の妻・めぐみ役を交えての撮影は、和気藹々とした雰囲気で進行。1カット目の撮影後には「演技に入れるかどうか不安でしたが、スタートと同時にすっと入れて……」と演技派俳優風のコメントでボケると、綾部から「たった1カットで演技もクソもないだろ!(役から)出ないよう、ずっと入ってて!」とツッコミが入り、現場に爆笑をもたらす一幕も。

綾部は、相方の役者ぶりについて「相変わらず欲を出さず、淡々と、可もなく不可もなく……。という彼の真骨頂が出たんじゃないでしょうか」と最高の賛辞をおくり、「音楽研究家として、どう出てくるのか楽しみにしてください」と共演をアピールした。

また、本作がラブコメディということで二人の恋愛観も披露。綾部は「僕が“ぐいぐい押して行けば絶対行ける”というタイプで、又吉は“あんまり押したら気持ち悪がられるんじゃないかな”と思うタイプですね」と解説。すると又吉は、「20歳くらいの時、洋服屋さんで僕が試着している間に、綾部さんは、もうそこの店員さんと付き合っていました」と、綾部の驚くべき恋愛強者ぶりを暴露した。

2人のドラマ初共演シーンは、10月2日(金)放送に放送される。

【関連ワード】

この記事を共有する

Twitter Facebook